海の中には自然の物質として水銀が含まれています。元々自然界には水銀ばかりでなく、様々な物質が含まれているのですが、それらを気にしていたら、魚に限らず何も食べるものがなくなってしまいますし、突き詰めて行くと、自然界に含まれている放射能が心配で外出すらできなくなってしまいます。そうは言っても魚には生物濃縮と言って、海中に微量だけ含まれている水銀がたまっているのも事実です。ガイドラインは出ていますが、妊婦さんは気をつけるべき量が書いてあっても、他の人々に対しては特に気をつけるべきだとはされていない文献もあります。妊婦さんについても、相当量の魚を食べないと危ない水準にはならないので、まあそんなガイドラインも出ているのだぐらいの認識でいいのだと思います。いろんなものをバランスよく食べるというのは健康を作るための基本的な事柄で、魚も健康のためには食べる方がいいのです。気になる方は調べてご自身の目で確かめてみるといあかも知れません。

さて、業務用の丸干し・ひらきを通販で仕入れる際の注意点についてですが、「業務用の干物ショップが一般向けのショップを兼ねていることもあるので、価格帯とロットには注意をしておいた方がいいです。業務用かと思っていても価格帯が高い場合、干物や丸干しの詰め合わせが目玉商品になっている場合もあります。そういった詰め合わせをばらして売ることもできますし、味がしっかりしていて水分が抜けているのかという干物、丸干しの基本が大切になります。ご飯のお供として、酒のあてとして干物の塩気は最高のものです。通販で仕入れるなら、価格帯に加えていつも仕入れていて間違いのない品質の業者さんのものならばまずまちがいがないですし、消費者にも喜んでもらえるでしょう。業務用丸干し・ひらき・さばの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行くのがおすすめですね。

食の安全について考えるのは難しいことです。お客さんには安全で安心なものを提供したいですし、風評被害を受けた土地の生産者のことを考えると率先して仕入れたいとも思います。東日本大震災のあとは福島を始めとした東北産の海産物、農産物が全く売れなくなってしまったと聞くと、購入したくなるのが人情です。発災後、東北地方の地場産の海産物、農産物を積極的に仕入れて販売、消費者にも出した飲食店がありました。そこは人気があり、その後も流行ったわけです。そのように人情あふれて豪気な店は応援したくなるものです。卸売業者としても安全と安心と、人情を売り物にして人々の食卓を支えたいものです。