魚屋さんで新鮮な魚を買おうと思っても、昨今では昔ながらの商店街も寂れてしまい、また、やっているお店があっても、駐車場がない、営業時間が短い、高いなどの理由でなかなか難しいものです。また、遠いので市場まで直接出かけることも難しいです。それに比べ、手軽に魚を買い求めるのならば、スーパーが何と言っても便利で、コストパフォーマンスも抜群です。スーパーの魚売り場はいつもとても壮観です。刺身コーナーがあり、マグロだけでも何種類もあり、切り身、スライスしてあるもの、予算と好みに応じて選び放題です。イカだけでも刺身、イカそうめん、焼き、煮付け用と細かく用途に合わせて売ってくれているので、あまりメニューに悩む必要性がありません。多くの種類の遠くの名産品が手に入るのも流通経路が発達しているからですが、いつも好物が手に入るのは嬉しいことです。最近では、きちんとお客様のことを考えて、盆暮れ、ゴールデンウィークシーズンにはたくさんの刺身の盛り合わせが売り場に並ぶようになりました。今やスーパーの食材が家庭のイベントを盛り上げていると言えます。スーパーの魚売り場はデザイン性に富んでいて、どこを見ても商品が隙間なく綺麗に並べられています。また、それが楽しみでもあり、今日はおかずを何にしようかと迷っている時でも売り場に行けばパッとメニューが思いつくことがあります。業務用インドマグロの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行くのも楽しいですね。

また、行われているサービスも素晴らしく、目を見張るものがあります。曜日を限定して、マグロの解体ショーを行い、その場でパックにしてくれて新鮮な切り身を買うことが出来ます。自分では大きな魚を買ってもなかなか上手にさばくことができなくて悩ましいのですが、店員さんにお願いすれば、プロがお願いしたとおりに魚を切り分けてくれます。夕方のスーパーが楽しみだという人も多く、魚の鮮度が落ちないうちにということで、半額のシールがどんどん貼られていきます。お財布にも優しいのはとても嬉しいことです。

買う側としては、商品、食材を買い求めに来ているだけではなく、サービスや雰囲気という付加価値がそこに加わると嬉しいものです。何か困っていれば、店員さんから声をかけてくれたり、いつも明るい表情でやる気のある店員さんが大声で売り場で元気よくしていると、こちらも何だか元気になって来て、ついついもう1パック買い増しして、夕方のおかずが増え、家族も喜ぶというものです。明るい照明に照らされて新鮮な食材が光り輝いているのを見ると、特に買い物がなくとも毎日つい立ち寄ってしまいたくなるものです。