魚介類などをメニューとして提供しているお店も数多くあり、飲食店以外でも小売店として販売をしているお店も見つけることができます。店舗内ではそれぞれの目的によって在庫管理を行っていることになり、冷蔵庫を使ったり冷凍庫保存をしているお店も多いものです。魚介類の場合ではボイルなどをした状態だけではなく、活として販売することを目的にしている小売店、飲食店でも活から料理を行うような場面も見られます。このような環境であれば、一般的な厨房機器の他に水槽を設ける必要が出てくる場合も多々あります。魚介類を生きたままで保存する方法になり、水槽に関しては仕入れする魚介類に合わせたものを選ぶことが良い方法です。お店によって違いもあり、観賞用を兼ねた水槽が必要になったり、逆に厨房施設内に見えない場所に設置するようなタイプもあるので、都合に合わせて選ぶことが何よりです。

活として保存することには一定のメリットがあり、小売店の場合では非常に新鮮な魚介類を購入できることになるので、刺身料理などを行う方々に人気がある方法です。飲食店の場合でも、新鮮な食材を使っていることをアピールできたり、冷凍ものと活と分けて販売することもできるので、食する側の要望に合ったメニューを提供することができる方法です。水槽に関しては専門店が存在しているので、簡単に入手することができますが、食材の仕入れに関しては、別に考えることが基本です。

貝類をメインとした販売を手掛ける方の場合では、貝類を通販で仕入れるにはどのような手順が必要なのかで迷ってしまうことがあります。このケースでは、水産品の卸売りを専門に行っている業者が営業をしているので、インターネットからホームページを探してみる方法で簡単に仕入れ先を見つけることができます。「業務用貝類の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」のように、一般的な水産系の会社でも、インターネット上を専門にしている会社でも、ホームページを見た場合では通販に対応している会社があるので、実際にサイト内で売られている食材をチェックしながら購入することができます。貝類の場合でも充実した商品を提供しているサイトもあり、購入者側は活で仕入れて水槽に保管することを検討している場合でも、その内容に対応している会社も沢山あるので、非常に安定した仕入れを実現できます。水槽を使う場合では、海水などを搬入してもらうことができる業者もあるので、事前にこの点についても確認する方法で、失敗しない仕入れを行うことができます。